若者の中にも起こる前立腺炎が原因の勃起不全の治療法

勃起不全の治療に驚異的な効果を発揮する方法はコレ!

MENU

若者の中にも起こる前立腺炎が原因の勃起不全の治療法

たまにですが、若い男性が前立腺炎で泌尿器科に行く方もおられると思います。慢性前立腺炎の患者さんにおける性機能障害は、3年以上の性機能障害が77%、5年以上が56%というデータが出ております。

 

その内訳を見てみますと、尿道の射精痛が47%、性欲減退が53%、早朝勃起(朝勃ち)・睡眠中の勃起の減弱が81%、セックス時の勃起不全が84%、早漏の不満が55%、鈍く痛みのあるオーガズムが31%とどれをみても高いパーセントを占めています。前立腺炎にお悩みの方の症例を見てみましょう。

 

26歳の男性Tさんは前立腺部の違和感と排尿中の痛みとおしっこが出にくいということでお医者さんに相談に来ました。お医者さんが診てみると、前立腺炎の疑いがあり、前立腺を触診してみると、前立腺がやや腫大しており、両葉に圧痛があり、前立腺炎と診断されました。

 

Tさんは実は前立腺の違和感などもあったせいか、実は1ヶ月くらいセックスがうまくいかないと言ってました。勃起した時に会陰部やペニスの奥の方に痛みを感じており、痛みのためにうまく勃起しないとのことです。

 

Tさんにお医者さんは「前立腺炎による勃起不全の可能性もあるので、まずは前立腺炎を治しましょう」と言われ、前立腺炎の治療をまず行いました。前立腺炎の主な治療方法は薬物治療です。

 

治療を続け、1ヶ月後には前立腺炎の症状はほぼ治まっており、セックスをした時も会陰部やペニスの奥の痛みも感じず、セックスも普通に行えるようになったとのことです。若者の中には前立腺炎が原因で勃起不全になることもあるので、頭の片隅に置いておくことも必要かもしれませんね。


くすりエクスプレスさんでバイアグラ100mgを購入するとシルジョイ100mgというバイアグラジェネリック(2380円相当)を無料でプレゼントするキャンペーンを実施中!